試乗レポート
このレポートは、あくまでも試乗した個人の感想ですので、参考としてください。

 SAIL名: 2017SIMMER V-MAX  MODEL: ノーカム6バテンFreeride
<総合評価>  △ 悪い   ○ 普通  ◎ 良い  ★非常に良い 
 アンダー性能  操作性
 SPEED性能  セッティングのし易さ
 セイルの軽さ(自重)  プレーニング時の安定感
 ローテ―ション:カムorバテン
 マッチングBOARD   スピードに優れるFreeRideやFreeRaceボード
 おすすめレベル   プレーニングに慣れた中級者以上の方
 
 ローエンドパワーとスピード性能に優れるノーカムセイルとして作られているV-MAXの特徴はローアスペクト(低重心)デザイン。
 発売当初は丈夫さにこだわり過ぎて他社に比べて重く感じましたが、ここ3年のモデルは軽さも十分で扱いやすい。
 セッティングで痛みやすいラフパネル部分には生地が厚めで細かい網目素材(X-PLY)を使用し、軽さと耐久性のバランスの取れた作りです。
 マストスリーブも太さがアップしているのでRDMマストでセッティング時に楽々。
 ジョイントカバー部が大きく開口するのでダウンホールを引きやすく片す際にもエクステンションのストッパーが引っかからない。



 <コメント> 試乗ごとに感じた事があれば追記します。
 Date / ゲレンデ/ ライダー  2017年7月 / 検見川 / 身長170p 体重60s
 コンディション   オンショアのチョッピー海面 ジャスト〜ややアンダー 
 使用マスト/ボード/フィン   純正RDM8-430 / ANGULO MAGNUM115L(RACE SLALOM) / iFin38p
今日は7.2uの試乗。本来の指定はSDMマストですがRDMマストを使用しました。ボードはスピードに優れるRACE SLALOMを使用。
インサイドはややアンダー気味でしたが沖合いはややオーバー気味と感じるブローもありました。
最初は規定値のラフ458pブーム207pで出ましたが、パワフル過ぎる感じだったのでダウンを+1pアウトを+2pにしました。RDMマストを使用している為だと思います。アンダー気味で使うのであれば最初のセッティングで問題は感じません。
沖合いのジャスト以上の風の中で、型が少し古い7.8RACEセイルとRACE SLALOMボードを使っている方と合わせて走りましたが、上り、スピード、加速共にひけをとらず十分に一緒に遊べました。
走行中も安定したパワーを供給してくれる為にスピードを維持しやすくレベルの高いフィンでリフトしたプレーニングを楽しめます。
ボードはスピードに優れるタイプを使うけど、セイルはノーカムで気軽に質の高いプレーニングを楽しみたい!と言う方にオススメ出来る性能を有していると感じました。

 Date / ゲレンデ/ ライダー  2017年9月 / 検見川 / 身長170p 体重60s
 コンディション   オフショアのフラット海面 ブローはジャスト以上でガスティーなコンディション
 使用マスト/ボード/フィン   純正RDM8-430 / ANGULO REREASE120L(FreeRace Slalom) / iFin38p
今日は6.6uの試乗。
先日、FreeMove100Lに乗せてみましたがパワーがありマッチングがイマイチと感じたので今回はFreeRaceSlalomで試乗。
結果はバッチリ。
台風がらみのオフショアでブローは強烈ですが抜けると7.5でも走らない強弱の激しいガスティーなコンディションでしたが、ブローでも引き込みやすく安定したフォイル、抜けた時にはセイルの軽さのおかげでボード上でバランスを取り易かった。しかもセイルがソフトで、しなやかなので、その部分でも強弱のある風の中では楽な使用感だと感じました。バテンで固められた重量のあるセイルだと使いづらく感じたと思います。
ブローの中でタックやジャイブも試しましたが非常に操作し易かったです。
やはりV-Maxはフィンで走る本格的なSLALOM系のボードとの相性が良く感じます。FreeMoveボードならフィンのサイズが大事なんだと思います。マッチングがイマイチだと感じたらフィンを長めのものに変えればセイルパワーを受け止めて使いやすくなるはずです。
今日のセッティングはダウンは指定、アウトを+1pぐらいでした。

 Date / ゲレンデ/ ライダー  2017年10月 / 検見川 / 身長170p 体重60s
 コンディション   オフショアのフラット海面 強めのブローはジャストでガスティーなコンディション
 使用マスト/ボード/フィン   GAASTRA RDM6-430 / ANGULO REREASE120L(FreeRace Slalom) / Maui H1RACE38p
今日はGAASTRAマストでのマッチングを見たくて7.2uに試乗。セッティングは表示どおりのダウンとアウトでした。
自分より体重が軽い方が7.5で乗るコンディション。弱めのブローでは流石に自分は止まってしまうけど軽い方は走っていました。ボードは自分が幅68pで軽い方が72pだった事とフィンが吹いて丁度良い38pにした影響もあるかな・・・REREASE120Lに標準で付属されるフィンは42pです。
ダウンを0.5p減らせば良かったかもしれません。
しかし、ジャスト以上のブローの中では安定したフォイルで引き込み易さ抜群でした。フィンを42pぐらいにしていれば上りも更に良かったと思います。必要十分には感じましたが、今日のコンディションならもっとフィンでリフトして走れたと思います。
マストのマッチングに関しては全く問題なく使えると判断します。より強風域でのスピードを求めるならRDM75を使用すれば良いでしょうが、60でも十分楽しめると感じました。※GAASTRAマストは2015年からコンスタントカーブに変わっています。(ボトムがブルーになった)テストで使用したのは変わってからの物です。

アングロリリース シマーV-MAX


このページに関するお問い合わせはduck@duck-wsf.comまでお願いします
 なお、お急ぎの方はお電話をお勧めします。043-279-8630ウインドサーフィンショップダック
 このホームぺージに記載されている会社ならびに製品名は、各社の登録商標または商標です
 ページトップへ戻る